アパートの空き部屋対策に民泊ビジネス?

副業ブームが後押ししていることもあり、副業としてのマンション、アパート経営が最近ではブームとなっています。しかし、入居者が増えずに空き部屋だらけになってしまう場合、大赤字になってしまいビジネスとして破綻してしまいます。

そこでおすすめなのが、空き部屋を利用して民泊ビジネスを行うことです。観光目的の訪日外国人の数は年々うなぎのぼりとなっており、2020年の東京オリンピックの効果も大きく、これからもアパートの空き部屋を利用した民泊サービスの需要が高まるといえるでしょう。

ただ、日本では民泊に関する法規制がありますので、きちんと法律に則ったビジネスを行いましょう。許可なしで違法に民泊事業を行うと、罰則が課されることもあります。