現代の不動産ビジネスの状況はどのようなものか

不動産ビジネスというビジネススタイルが年々身近なものとなっており、「サラリーマン大家」と呼ばれるような、本業で会社員をしながら副業で不動産ビジネスを行う人が増えてきました。中には、副業としての不動産ビジネスが軌道に乗ってうまくいった結果、副業が転じて本業(不動産屋)になってしまった人もいるみたいです。

少し前までは不動産ビジネスといえば資金豊富なリタイアメント層の資産運用の一つとして捉えられていましたが、今ではかなり敷居の低いものになりつつあります。宅建業の資格さえあれば職業として不動産ビジネスを行うことが可能であり、今後も人気のビジネスモデルとして注目を集めるでしょう。