持ち家やアパートを貸すにはどうすればいい?

自宅や所有しているアパートを貸す際、いくつかの方法があります。

身内や知り合いに貸す場合であれば、一対一のやり取りだけで賃貸契約が可能です。この場合は業者を介さずにマージンを抜かれないので、お互いにwin-winとなります。しかし、家賃保証などが全くないため、互いの信頼関係が十分確保されていることが大前提となります。

家賃不払いなどのトラブルを回避したいのであれば、やはり不動産会社を利用することが必要となります。不動産会社を利用すれば、契約に関する業務の大半を業者に委託することが可能で、オーナー側の負担を大幅に減らすことができるのも大きなメリットです。不動産会社を利用するのであれば、実績や評判などをチェックして慎重に選びましょう。