アパートや自宅を事業目的でリースする際の注意点

アパートや自宅を第三者にリースするとき、注意しなければならないポイントがいくつかあります。

最も大事なことは契約書の作り方でしょう。知人や身内に貸すからといって、契約書を適当に作成してしまうと、いざトラブルがあったときに困ることがあります。契約期間や入退去の際の条件、補償の範囲などを契約書に明記しておかないと、オーナーと入居者、どちらがどれくらいの責任を負うのかが不明瞭になってしまいます。

他にも、どのように家賃を保証するか、入居時のトラブルはどのように対処すればよいのかなど、明記すべきことは山のようにあります。何をどのように書けばいいのかわからないのであれば、不動産業者を頼るのも手です。